英会話 機内食

007 英会話 機内食

 

エブリデイイングリッシュは今回で第7回目の教材となります。
いちにち1つの教材を学習したならば、これで1週間となります。

 

高速音声と通常音声を合わせた時間は、どの教材も約3分前後ですね。
決して長い時間の内容ではありません。
「学習時間としては短いのでは?」と疑問に持つかもしれませんが、
長い時間の教材のほうが優れているわけではありません。
あまり長すぎる時間の教材ならば、やる前からイヤになってしまったり、
途中で飽きてしまうかもしれません。

 

学習は、長く続けることが大切です。その結果、長い時間学習することができるのです。
英語に限らず勉強は、長い時間学習したほうが効果があります。長い時間の教材でも
続けなければ、結局短い時間しか学習しませんからね。

 

それと学習に重要なのは、「質」ではないでしょうか?
そういう意味ではエブリデイイングリッシュはとってもいいと思いますよ。
この先、海外旅行に行ったときにホントに使うであろう英語のフレーズです。
しゃべれるようになっておかねば!という気持ちになり、真剣に学習するようになります。
「質」は「やる気」のひとつでもあるかもしれませんね。

 

エブリデイイングリッシュで学習しておけば、海外旅行はひとまず安心ですね。

 

 

 

このエブリデイイングリッシュ第7回目の英会話内容は、「機内食」です。
飛行機に乗れば、まず尋ねられる質問がありますよね。

 

Which would you like, fish or chicken?
魚料理と鶏肉料理のどちらがよろしいでしょうか?

 

こんなやりとりの英会話がエブリデイイングリッシュには収録されていますよ。
このあと、「お茶をください」とか「寒いから毛布ちょうだい」などの英語フレーズを使った会話が続きます。
どうでしょう、海外旅行に行くならば、エブリデイイングリッシュは即戦力として役立ちそうですよ。

 

 

 

 

008 リスニング 国際的な教室