リスニング 暑い教室

062 リスニング 暑い教室

 

エブリデイイングリッシュ教材は今回で62番目となりますね。教材内容はリスニングです。リスニングの場合は、あるストーリーに順じた内容の英文音声になってますので、それを聞き取るための学習ですね。高速スピード音声は43秒だけです。その音声を通常スピードにしたものは約1分ですね。これを1セットとしてリスニングの学習をしていきます。私の場合はこの1セットを一日に何度も繰り返して聞きます。

 

 

今回のリスニングは英文が3つですね。どれもそんなに難しくはありませんね。わたしのリスニングで注意していることがありまして、それはまず英語のリズムを覚えることです。英語の意味も重要なんでしょうが、わたしはまず英語のリズムを大切にしています。この英語のイントネーションというか、リズムが話せるようになりたいと思っているんですよね。リズムさえ上手く真似ることができれば、それだけでネイティブな発音ができているような気になりますし、何よりも英語が覚えやすく学習しやすくなるんです。でももしかしたら私だけかもしれませんけどね。

 

put up with the heat 「その暑さに耐える」という表現がありました。日本語から英語に訳す時は、「耐える」という言葉の英単語を考えてしまうかもしれませんが、put up withでいいんですね。カンタンな表現ですし、なにか今後も使えそうな気がします。エブリデイイングリッシュのリスニングにはこういった表現があるので参考になると思います。

 

 

 

 

063 英会話 レンタカーの手続き