リスニング 漢字をよく使う国

044 リスニング 漢字をよく使う国

 

今回の英語教材エブリデイイングリッシュは44番目の教材になります。教材内容はリスニングの学習ですね。
リスニングの学習も何度もしているので、だいたいのコツがわかってきたようなきがします。

 

 

ここ最近は日本語を学ぶ教室での内容が題材となっているようで、漢字を学習している内容の英語の音声を聞いてますよね。今回もその内容の続きです。リスニング教材の音声時間は、高速スピード音声が43秒、通常スピード音声が約1分です。そんなに長くない音声時間ですが、集中してリスニング学習するにはちょうどいいのではないでしょうか?何度も繰り返して聞くことで、よりリスニングの理解力を養えると思うんですよね。

 

音声内容には、”kanji-friendly”という言葉が出てきます。ここでは「漢字をよく使う国」という意味で訳されています。
国という英語はありませんが、今までの文脈からそうやって想像することができますよね。
音声も文章もそうなのですが、やはり前後の文章があるかないかで微妙に訳仕方だったり、その意味合いというものが異なってくるんだと思うんですよね。それに前後の文章があれば、より理解もしやすくなると思うんですよね。

 

そういうバランスも考えながら、絶妙なカンジでエブリデイイングリッシュはのリスニングでは英語音声を理解していかねばなりません。実際の英語の会話においてもそうやって会話を想像しながら理解するということもありますからね。がんばって続けてリスニング力を鍛えてみますね。

 

 

 

 

045 英会話 フロントにて