英会話 メニューで注文

033 英会話 メニューで注文

 

聞くだけCD英語教材、エブリデイイングリッシュで学習していますが、今回は33番目の教材、英会話の内容となってます。
この回では、海外のレストランで、注文するときの英会話が紹介されています。

 

 

レストランなどで日本と決定的に違うことは、メニューだと思います。
だって海外のレストランで料理を注文しようと思って、メニューをみても、ほとんどの場合写真がないんですよね。
全部文字ばっかり、食材と調理方法はよくわかるのですが、いったいどんな料理なのかはわかりません。

 

Can I see a menu?
メニューを見せてもらえますか?

 

日本の場合ならば、メニューに写真がついてますよね。とくにファミレスなんてのはキレイに写真が載っていて
ちゃんと説明もついています。でも日本でも高級なレストランならば、文字だけの説明なのかもしれませんけどね。
もしメニューに写真がなくても、お店の入り口のディスプレイに、料理のサンプルがあったりしますのでよくわかります。
見た目に、ボリュームに、使われている食材なんかもわかりますよね。

 

海外のレストランのメニューでは、そんなに親切な表示はされていませんが、それは決して悪いことではありませんよね。
どんな料理が出てくるのか、寸前までとてもワクワクして待ってられます。
またその時期による食材を使うことができるので、かたくなに写真やサンプルなどの食材に固執することもなく、
その時のよりおいしいものが加えらえることだってあるでしょう。
さらには、どんな料理なのかをウェイターに尋ねることで、コミュニケーションも取れますよね。
海外のレストランでよく見る光景では、外国人のお客さんがメニューをウェイターとみながら、
使う食材やら調理方法などこと細かく注文を付けていることがあります。
自分のキライな食材を避けたり、生が苦手ならば火をちゃんと入れてもらったりとできるんですよね。
確かにこれこそ、注文ってことなんでしょうけどね。

 

そこまでしなくても、ある程度は私も注文をつけてみたいと思いますね。
もっと英語力をつけて、あれやこれやと注文してみたいですね。
まぁ、でもまずはこの基本の英会話からちゃんと話せるようにしておきたいと思います。

 

 

 

 

034 英字新聞 第6回