英会話 空港からホテル

013 英会話 空港からホテル

 

第13回目の教材となりましたエブリデイイングリッシュです。今回は英会話の学習ですね。

 

最初は高速音声から聴き始めます。時間は1分22秒ですね。
そのあとに、通常スピードの音声を聞くのですが、1分57秒ですね。
2つ合わせても3分ちょっとの時間です。
この音声をスマホやタブレットに入れておけば、いつだって気軽に聞くことができます。

 

わたしが効果的だなと思った学習方法は、この第13回目の高速・通常音声をセットで1日中聞き続けることです。
短い時間なので、次の教材をすぐにでも聞いてみたいと思うかもしれませんが、そこはグッとガマンして、
その日はずっと同じ音声を繰り返して聞くことです。たくさん知識を増やそうとするよりも、ひとつひとつの英会話を
マスターしていくことに力を注いでいます。そのほうが成長している実感がでるからです。

 

音声学習のいいトコロは、発音で学習できることですよね。
単語ひとつひとつの発音はしっていても、いざ文章にしてしまうと、聞き取れなくなってしまう単語もありますからね。
英会話の文章は発音を意識して聞くようにしています。ん〜、発音というよりは、リズムかな?
日本語でも方言などいろんなイントネーションがあるように、英語も独特のイントネーションやリズムがありますよね。
この英語のリズムを身につけるには、エブリデイイングリッシュは適した英語教材だと思うんですよね。

 

 

今回のエブリデイイングリッシュの英会話は、空港からホテルというテーマとなっています。
どうやら空港からバスでホテルへ行くときに、どこから乗って、行先を確認して、時間や料金を知るまでの会話となっています。

 

確かに、海外旅行で空港からホテルへ向かうまでは、バスがあれば利用したいですよね。
タクシーだとちょっと高そうだし、電車だと駅からかなり歩きそうですから、やはりバスがあれば便利ですよね。

 

Is this going to the Hilton Hotel?
これはヒルトンホテルまで行きますか?

 

こんなカンジでバスの運転手さんに尋ねれば良さそうですよね。
ほかにも時間や料金など、いろんな尋ね方が英会話がありますから、
このエブリデイイングリッシュでちゃんと言えるようになるように、勉強しておきたいと思います。

 

 

 

 

014 リスニング 外国人クラスの教室